なぜ不動産会社が間に入るのか

住宅街

将来的に東広島市で分譲住宅を購入する場合、普通不動産会社が間に入ることになるでしょう。不動産会社に住宅購入を手伝ってもらう場合には、仲介手数料と呼ばれるものを支払わなければいけません。この仲介手数料は、物件価格の3パーセント程度と考えておけばよいです。つまり物件価格によっていくらになるかは変わってくるところです。このように仲介手数料がかかるのは、不動産会社に対する手続きのお礼のようなものといってもよいでしょう。不動産会社が行ってくれるのは、物件を紹介してくれることに加えて様々な手続きをしてくれることです。これらは個人で行うのは難しいため、プロの不動産会社に任せるのが一番妥当といえるでしょう。そのためのお金が、仲介手数料になります。

カーテンなどをサービスしてくれることも

建築

東広島市で分譲住宅を購入する場合には、様々なサービスが行われることがあります。注文住宅ではりませんので、建物の間取りなどを自由に変更することはできませんがまだ建築前の段階や建築途中の段階ならば、壁紙ぐらいは選ぶことが可能になります。壁紙の種類を選ぶことで、より理想に近い建物にすることも可能になります。その一方で、完成した物件に関しては壁紙を選ぶことはできませんが、カーテンやテレビなどをサービスで付けてくれることもあるでしょう。

不動産会社に払う費用

住宅模型

不動産会社には、仲介手数料を支払いますが、この仲介手数料は物件価格の3パーセントになりますので、おおよそ東広島市の分譲住宅ならば90万円ぐらいが妥当になるでしょう。場合によっては100万円を超えるようなこともありますが、それ以上高くなることはあまりありません。なぜかといえば、東広島市で販売されている分譲住宅自体にそこまで高価な建物は存在しないからです。もともと土地が安いのが東広島市の分譲住宅の大きな魅力といえるでしょう。

建物の費用はどのように出すか

住宅模型

住宅を購入する時に、建物の費用がどれぐらいなのか知りたいところです。通常東広島市で分譲住宅を販売している時には土地と建物の費用はわかりますが、建物だけの費用を出すことは難しいでしょう。ですが、実は一つだけ建物の費用を計算する方法があります。それは、消費税を求めることです。通常土地には消費税が含まれませんので、その物件の消費税がわかればそれは建物に関する消費税だとわかるはずです。例えば消費税が10パーセントの時代に180万円支払わなければならないとすれば、その建物の価値は1800万円であることが理解できるでしょう。このような計算の仕方をすれば、逆に土地の価値もわかることになります。

広告募集中